Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ停止のお知らせ

本ブログはしばらく停止いたします。フランス語圏文化論コースの告知や近況、活動報告などは、HPの方に随時掲載していきますので、そちらをご覧ください。(2012年7月18日)
http://www.comp.tmu.ac.jp/fr/

仏文事務室 夏休み開室時間

仏文事務室(5号館5階 tel:042-577-2205)の2012年度夏休み(8月-9月)の開室は以下の通りになります。時間はすべて12:00~18:00。急用がある方は、西山まで(nishiyama.tmu[at]gmail.com)。

8月:2(木)、8(水)、9(木)、10(金)、23(木)、30(木)日
9月:6(木)、13(木)、20(木)、27(木)日

ジゼル・ベルクマンGisèle Berkman(国際哲学コレージュ)来日講演

ジゼル・ベルクマンGisèle Berkman(国際哲学コレージュ)来日講演
(日本学術振興会・外国人招へい研究者事業)

Poster-Berkman.jpg

7月18日(水)17.00-19.00 首都大学東京(南大沢) 本部棟2階特別会議室
「カタストロフィの思想」
 司会:西山雄二(首都大学東京) 
協賛=学長裁量傾斜研究費・研究環「カタストロフィと人文学」
2011年、日本社会は震災・津波・原発という、人類史上初の三重のカタストロフィ(破局)を経験した。これまで人間はいかにカタストロフィを表象し、解釈してきたのか。人文学の視座からカタストロフィと人間の関係を問い、希望の方途を探る。
参加無料、事前予約不要。講演原稿の日本語訳を配布し、質疑応答は通訳付。

映画「無常素描」上映会の報告

2012年5月30日、首都大学東京(南大沢)にて、映画「無常素描」上映・討論会が開催された。討論会では、映画作品を通じて震災を伝える映画祭「Image.Fukushima」を主宰している三浦哲哉(映画研究者)、乾彰夫(教育学)、山下祐介(社会学)、西山雄二(フランス文学)が登壇。首都大学東京の教職員、学生、他大学の学生、一般市民の計100名が参加した。詳しい報告はこちら→http://www.comp.tmu.ac.jp/fr/pg84.html

P1000513a.jpg

映画「無常素描」上映・討論会

2012年5月30日(水) 17.00-20.00
映画「無常素描」上映・討論会――アクティブ・ラーニングの実践のために

首都大学東京・南大沢キャンパス・6号館101教室 入場無料 事前予約不要

mujosobyo.jpg

17.00-18.15 映画「無常素描」(75分)上映  18.30-20.00 討論会「カタストロフィと人文学」
映画公式HP: http://mujosobyo.jp/
参加者:三浦哲哉(映画上映プロジェクト「Image.Fukushima」実行委員会代表、映画研究者)
乾彰夫(教育学)、山下祐介(社会学) 司会:西山雄二(フランス文学)
映画「無常素描」(監督・大宮浩一)は、東日本大震災の状景をいち早くカメラに捉えて話題となっているドキュメンタリー映画。東日本大震災とそれに伴う原発事故という未曾有の複合災害は、人文社会の知に大きな課題を突きつけている。人文社会の知がいかなる言葉、いかなるイメージ、いかなる論理でもって、この破局的出来事を表現し思考することができるのか。映画上映と討論を通じて、大震災と学術をめぐる問いを浮き彫りにし、参加する教員、学生、市民のあいだで積極的な学びの経験を共有したい。討論会には、映画作品を通じて震災を伝える映画祭「Image.Fukushima」を主宰している三浦哲哉さんをお招きし、首都大学東京の教員らと討議をおこなう。
主催=人文社会系FD委員会 協賛=学長裁量傾斜研究費・研究環「カタストロフィと人文学」、NPO日本記録映像振興会

『人文学報』(第466号、2012年3月)

『人文学報』(第466号、2012年3月)が刊行されました。今年度は、藤原真実「「恋愛地図」で読む『美女と野獣』――連作(セリー)的読解の試み」が掲載されています。

続きを読む

西山雄二・担当演習「カタストロフィの思想」、前後水曜5限

2011年、日本社会は震災・津波・原発という、人類史上初の三重のカタストロフィ(破局)を経験しました。甚大な数の行方不明者、被災者の困難な生活再建、無情にも故郷を追われた原発避難民、目に見えない放射能の不安……この自然災害かつ人為的災厄は、現在もなお進行中と言えるでしょう。カタストロフィ(catastrophe)はギリシア語源では「転覆」を含意しますが、日本社会は「3・11」によってまさに転覆し、大きな転換期を迎えています。本演習では、日本が直面しているカタストロフィを直接扱った文献ではなく、過去の人文・社会科学の文献や作品を敢えて参照します。これまで人間はいかにカタストロフィを表象し、解釈してきたのでしょうか。科学技術はカタストロフィにいかに対抗しうるのでしょうか。カタストロフィに見舞われた無垢な被災者たちの苦痛をどう受けとめればいいのでしょうか。人文・社会科学の文献を網羅してカタストロフィと人間の関係を根本的に問うことで、私たち自身の救済や希望の方途を探ります。

CryingAngel2.jpg

続きを読む

2012年度の時間割・シラバス公開

  s-s-k2 a

2012年度の時間割とシラバスをHPで公開しました。フランス文学教室が提供する科目に関する情報です。今年度は、フランス語がわからない学生でも参加できる、カタストロフィの思想論、芸術(シュルレアリスム)、フランス映画史、フランスの漫画(BD)などを設けています。また、フランス語の授業ではネイティヴ教員2名によるクラスを新たにもうけています。シラバスを読むだけで、4月の暖かな春の風が吹いてくるような気がします。
 時間割→http://www.comp.tmu.ac.jp/fr/pg71.html
 シラバス→http://www.comp.tmu.ac.jp/fr/pg80.html

2012年パリ合宿に参加した学生の感想(成瀬莉沙、八木悠允、尾崎全紀)

最後に、成瀬莉沙、八木悠允、尾崎全紀さんのパリ滞在の感想を掲載します。

IMG_1189a.jpg

続きを読む

2012年パリ合宿に参加した学生の感想(吉田直子、平山雄太、松本雄図)

つぎに、吉田直子、平山雄太、松本雄図さんのパリ滞在の感想を掲載しておきます。

IMG_1192a.jpg
(オデオン付近のカラフルな雑貨屋Sabre)

続きを読む

2012年パリ合宿に参加した学生の感想(井上優、矢代真也)

今回のフランス滞在には学生ら8名が同行して、国際哲学コレージュのセミナーに参加し、フランスのいろいろな現実に触れてもらった。4年前は学生はひとり、次に3人、昨年は4人と次第に同行者が増えてきた。興味深いことに、そのうちの半数以上が、私が教えている本務校(東京大学、首都大学東京)の学生ではないことだ。ほぼ初対面の彼らに私はどうやって声をかけたのか、そして、彼らはなぜほぼ初対面の私についてフランスにまで来るのか。人生の縁とは不思議だ。

P1000353a.jpg

初めてフランスを訪れるひとに観光案内をするのは好きだ。見知らぬ異国の風景や事象について説明することで、彼ら・彼女らは驚き、好奇心をますますそそられ、ますます知りたくなる。このことは教育現場でも同じだ。初学者に未知の風景をいかに観てもらい、その好奇心をいかにくすぐるのか。教師の力量はこうした旅の技法次第だ。旅の本質は出会いと経験の強度にあるが、教育の本質も同様である。旅を通じた学びとはいかにして可能だろうか。参加者に感想を綴ってもらった。井上優、矢代真也さんの感想をまず掲載します。

続きを読む

レンヌ大学と街に関するページを新設

首都大学東京とフランス・レンヌ第2大学との交換留学協定の話が具体的に進展しています。レンヌの大学と街に関するページをHPの方で開設しました。写真撮影は院生の八木悠允さんです。
こちらから→ http://www.comp.tmu.ac.jp/fr/pg81.html

パリでの学術的活動(西山雄二)

国際哲学コレージュでのセミナー開催は今年で二年目。昨年同様、パリ批評研究センターの教室を借りて実施された。3月26日、第一回目「哲学の無償性 知性の平等」は馬場智一氏(パリ第四大学)とHye-Young Kyung氏(パリ第八大学)にコメントをお願いした(約30名の参加)。29日の第二回目は、佐藤嘉幸氏(筑波大学)に発表「新自由主義体制下の教育」をお願いした(約20名の参加)。

R0015464a.jpg

続きを読む

春の陽光のパリ(西山雄二)

2012年3月22日から30日までパリに滞在し、国際哲学コレージュでのセミナーやレンヌ第二大学との学生交換協定などの仕事をこなした。今年は8名の学生が同行し、何度か一緒に行動して、フランスのさまざまな現場を体験してもらった。2月の豪雪が嘘のように、3月末のフランスでは暖かく晴れた日が続いた。

P1000298a.jpg

続きを読む

フランス滞在記2(サロン・デュ・リーブル、語学学校、大統領選挙応援集会)

 3月16日から19日まで、サロン・デュ・リーブル(いわゆるブックフェア)が開催された。1989年から続いている書籍の祭典で、フランス国内だけではなくケベックやベイルート、ジュネーブなどでも開かれたことのある、国際的な知名度の高い催しである。2012年度の鳩と本を組み合わせたポスターは来仏以来たびたび目にしてきた。事前に20名の日本人作家が講演者として参加することは聞き知っていたので、楽しみにしていたイベントである。

サロン・ドゥ・リーブル入り口。

続きを読む

Appendix

プロフィール

TMU french

Author:TMU french
首都大学東京 都市教養学部
国際文化コース欧米文化論
フランス語圏文化論(仏文)
/大学院人文科学研究科
文化関係論専攻フランス文学教室
HPhttp://www.comp.tmu.ac.jp/fr/

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。